スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

「釜ヶ崎ストロームの家による人権侵害を許さない会」の呼びかけ人になってくださっている野宿者ネットワーク代表・生田武志さんが本を出版されました。
興味のある方は、是非購入してみてください!!
書店では置いておらず、注文になります。

以下、本の紹介です。

フリーターズフリー3号の編集・発行責任の生田武志・栗田隆子です。
 2014年12月、フリーターズフリー3号を発行しました。
 2008年に02号を発行してから6年ぶり、そして最後の「フリーターズフリー」です。
 フリーターズフリーは、不安定就労や若年労働問題について当事者から声を上げるということを目的に、有限責任事業組合「フリーターズフリー」として編集発行しました。
 2007年の創刊号は「生を切り崩さない仕事を考える」2号は非正規雇用と貧困の原点としての「女性の貧困」がテーマです。
 有限責任事業組合「フリーターズフリー」は解散し、今回は生田武志+栗田隆子の任意団体「フリーターズフリー」として3号を編集・発行します。

 3号のテーマは「反貧困運動と自立支援」です。
 反貧困運動は2007年から全国で広がりましたが、現在、それは明らかに以前のような明確な方向を示せなくなっています。
 そして、この10年、様々な現場で「自立支援」という言葉が流行し、完全に定着していきました。障がい者や野宿の現場では、かつて「自立」の概念や「自立支援法」をめぐって激しい論争が繰り広げられ様々な問題が浮き彫りにされま
したが、現在、それが「なかったこと」であるかのように、「自立支援」という言葉が普通に使われています。この「反貧困運動」と「自立支援」の意味をあらためて根底から問い直してみよう、というのが、この3号のテーマとなっています。
 
 今回、フリーターズフリー3号は、ISBNを取らず、書店などでの流通はしない、という形を取っています。手売り、あるいはサイトでの注文のみ、という形です。
 今回の部数は1000部、どこまでこの形で売れるか、やってみたいと思っています。

ネット注文については、数量・ご氏名(ふりがな付きでお願いします)・ご送付先・希望の書名(フリーターズフリー3号・フリーターズフリー1号+2号+3号等) お電話番号、 emailを明記のうえ、postmaster@freetersfree.org からお願いします。

 フリーターズフリー3号は税抜き1400円、税は不要、送料無料です。
また、1号(1500円)、2号(1300円)も販売しています「1号+2号」のセット販売は2500円、「1号+2号+3号」のセット販売は3900円となります。
 
 いずれも、雑誌に添付した振り込み用紙からの振り込みとなります。
 みなさん、フリーターズフリー3号を手に取って読んでくださることを心から期待しています。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:hina-co
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。